わかめの備忘録

GoogleColaboratoryでPythonの実行環境を作ろう!

はじめに

最近、AidemyProgatePyQのようなクラウド上で学習環境が
用意できるサービスが増えてきています。
それらのサービスでは最低限インターネットにつながるパソコンさえあればPythonプログラミングができ、また流行りの機械学習や深層学習も体験できるようになってきています。

上記のようなサービスを体験し終わったあと、個人で機械学習
深層学習の学習を効率良く進めようと思ったら ある程度マシンスペックの高いマシンを用意する必要があります。

例えば私が以前組んだマシン、お値段約15万円ほど。個人で用意しようと思うと最低でもこのくらいはかかってしまうと思います。 wakame1367.hatenablog.com

前置きはここまで

GoogleColaboratoryの紹介

そこで学習環境を移行する際に是非使って欲しいサービスがありますそれがこちら。 GoogleColaboratoryです。

  • Colaboratory とは何ですか? Colaboratory は、機械学習の教育や研究に利用できる研究ツールです。特別な設定なしで、Jupyter Notebook 環境をご利用いただけます。

  • どのブラウザに対応していますか? Colaboratory はほとんどの主要なブラウザで動作し、PC バージョンの ChromeFirefox では完全に動作するよう検証済みです。

  • 利用は無料ですか? はい。Colaboratory は無料でご利用いただける研究プロジェクトです。

Colaboratory – Googleより引用

要するにいままで使ってきたパソコンそのままでかつ個人で学習できる開発環境を用意できるということです。

また使えるマシンスペックは以下のようになります。
個人で使うには十分な開発環境が使えます!

個人に与えられるには下記環境(20180121現在):

  • n1-highmem-2 instance
  • Ubuntu 17.10
  • 2vCPU @ 2.2GHz
  • 13GB RAM
  • 40GB Free Space
  • GPU NVIDIA Tesla K80
  • アイドル状態が90分続くと停止
  • 連続使用は最大12時間 Notebookサイズは最大20MB

qiita.com 上記リンクより引用

GoogleColaboratoryを始めるまで

じゃあ使いたいのだけどどうすればという方のためにGoogleColaboratoryを始めるまでをまとめました。
参考になれば幸いです。

1. GoogleDriveへ

まずはGoogleDriveを開きましょう。 www.google.com

2. GoogleColaboratoryアプリを追加

GoogleDriveを開いたら 新規 > その他 > アプリ追加を押すと f:id:wakame1367:20180627154559p:plain:w600

次のような画面になるので検索窓にColabと入力して検索するとColaboratoryアプリが開くと思います。

自分の環境だと既にアプリ追加済みのため
以下のようになっていますがまだ追加されていない方は接続というボタンを押して下さい。 f:id:wakame1367:20180627154607p:plain:w600

3. GoogleColaboratoryを起動する

新規 > その他 > Colaboratory を選んで押して下さい。 f:id:wakame1367:20180627154707p:plain:w600

4. GoogleColaboratoryを使ってみる

起動するとこんな感じ画面になると思います。 f:id:wakame1367:20180627192039p:plain

GoogleColaboratoryを始めるまでの説明は以上になります。

その後の操作等については下記リンクのGoogle Colabのセルの基本操作が詳しいです。 www.codexa.net

参考